上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【香川真司】香川:「こういう形をトライする価値はある」

16日、日本代表はポーランド・ヴロツワフでブラジル代表と対戦し、0-4で敗れた。

以下は試合後のFW香川真司のコメント。

香川:「(ブラジルは)決定力の高さを感じた。ボールの取りどころはフランス戦よりもはっきりしていたし、前線の選手はあまり守備をしないからカウンターが怖かったし、その質が高かった。そういうところに強さを感じた。

FWがいない分、何かしないといけないと感じた。中盤で1人1人が連動して、入れ替わり激しくボールを回せばチャンスになるかなと思っていた。お互いの距離感、ゴール前の迫力を意識していた。形は何回か作れたと思うし、僕自身はこういう形をもっとトライしていく価値はあると思う。
みんなボールを持てるし、いい形に入ったときはチャンスにつながっていた。ああいう形を増やして、決定力を上げていかないといけない。彼らはそういうところで点を取ってきたし、僕らは取れなかった。その差は大きい

(ハーフタイムの指示は?)

もっと前に出て行けと監督は言っていた。怖がらずに、この相手とできるのは素晴らしい経験だと。僕らも行こうと思っていたけど、3点目をすぐに取られて。相手は時間帯もいいところですべて取ってきた。そういう差も感じる。前半を1点で抑えておけば違ったと思うし、いろんな後悔はある。僕らもチャンスがなかったわけじゃない中で、得点を取れなかったというのは、こういうところで出てくる。
もっとブラジルを本気にさせたかった。もっと粘り強く戦えれば、もっと面白いゲームになったんじゃないかなと思う。やはり前半の失点、崩されなかったところで点を取られて、後半立ち上がりにも失点して、それで彼らは勝利を決めた。あとは余裕でやっているという感じだったし、こういうチームとやるには最低でも1失点に抑えて戦っていかないと厳しいかなと感じた。

(個人的には楽しかった?)
何とも言えない。これが本当のブラジルかと言われると…。もちろん個の強さは感じたけど、もっと雰囲気のある戦いの中でやりたかった。あくまで親善試合というくくりの中の戦いなので、モチベーションが違う。ワールドカップのような緊張感のある戦いをやりたかったし、2-0、3-0になって、後半余裕で少し遊びを入れている部分があった。そういうところではあまり参考にならない。後半の形はやりやすさを感じたし、もっとやっていきたい気持ちはあるけど、結果としてゼロ得点だった。相手は3-0の状況でルーズな部分があった。1-0で後半を迎えて、勝負はこれからという中でやってみたかった。
こういうチームと毎月できれば、それは僕らの望むこと。この2試合をやってみて、こういう戦いが必要だなと感じるけどアジアの予選もあるから難しい。こういう戦いがもっと増えることを願っている。

(ワールドカップは)あっという間に来ると思うから、個人個人がもっとヨーロッパで意識してやらないといけない。僕自身、マンチェスター・ユナイテッドの厳しい状況の中でやっていかないといけない。そういう意味では刺激を受けたし、4-0は悔しかった」
関連記事

コメントの投稿

Secre

プロフィール
【香川真司応援サイト】海外サッカーマガジンでは個人的に香川真司さんを応援しながら、代表や気になる情報を載せていきますのでよろしくおねがいします♪ Twitterボタン

hishyakku

Author:hishyakku
hishyakkuです。人生は楽しくがモットーでございます!

最新記事
検索フォーム
応援よろしくお願いします
banner1.gif ブログランキング・にほんブログ村へ Subscribe with livedoor Reader
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
11134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
1581位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
リンク集
このブログをリンクに追加する
マンチェスターUの順位は?
訪問人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。