上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部:「試合勘がないと言われても仕方がない」



12日、日本代表はアウェーでフランス代表と対戦し、香川のゴールで1-0の勝利を収めた。

以下は試合後の長谷部誠のコメント。

長谷部:「自分の出来としては、細かいところでのパスミスとか、フィーリングの部分でちょっと違うなと感じた。そういう意味では試合勘がないと言われても仕方がないのかなと思う。試合をする中で多少は慣れたと思うけど、ただ、ここはそういう場じゃないので。コンディションとか、自分が試合出てないとかは、良いプレーが出来なければそれが言い訳になってしまう

最初からしっかりパスをつなごうと思えばつなげたというか、サイドのところで数的優位を作れる部分があったので、そこをもうちょっとうまくやれれば。後半は相手も疲れてきて、自分たちのペースが多くなったかなと思う。セットプレーも実際に危なかったし、自分たちは後半のほうが多少落ち着いてつなげたかなと思うけど、そういうリズムをもっと作れれば良かった。

結果として勝てたことは良かったけど、今日の試合内容から言えば、10回やって1回か2回勝つような内容だった。シュート数も20対5、6とかそういうレベルだったと思うし、結構ポゼッションもされたけど、この勝利で世界との距離が縮まったとか、個人としてもチームとしてもそういう感じはしない。アジアでは自分たちが逆の立場になって、フランスのようなゲームをすることもあるし。だからこれがサッカーかな、という感じはする。

(前田や本田がいなかったことがパスワークに影響したか?)選手が何人か変わっても、そこに関しては代表というところでは言い訳にならないし、逆にもうちょっと自分たち、ボランチとディフェンスラインのところでもう少し時間を作ってうまく回してあげられたら、というのはあった。ボランチのところでのプレッシャーは結構少なかったので、そこでもう少しゲームを作れれば。ただ、真ん中でパスをつなぐ分にはいいけど、そこから真ん中を破るという部分では向こうは堅い。そうじゃなくてサイドのところ、相手のサイドのFWがあまり守備をしないので、そこへサイドバックが上がったら数的優位になり、何回かチャンスはあった。そこはねらっていこうという話はしていた。
(ハーフナー・)マイクがいるときは高さで引けは取らないと思うし、いいセンタリングをあげて、(酒井)宏樹もちょっと当たらなかったけど良いクロスもあったし。その辺はねらいとしては、マイクが入っているときはそういうところかなと思う。やはり向こうはフィジカルも強いし、リーチも長いし、こういうグラウンドでも難なく技術を発揮してくる。そういうところの差は感じた。ドイツの芝はこんなに悪くなくて、ここはちょっと特別な感じがある」







 
関連記事

コメントの投稿

Secre

プロフィール
【香川真司応援サイト】海外サッカーマガジンでは個人的に香川真司さんを応援しながら、代表や気になる情報を載せていきますのでよろしくおねがいします♪ Twitterボタン

hishyakku

Author:hishyakku
hishyakkuです。人生は楽しくがモットーでございます!

最新記事
検索フォーム
応援よろしくお願いします
banner1.gif ブログランキング・にほんブログ村へ Subscribe with livedoor Reader
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
9920位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
1480位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
リンク集
このブログをリンクに追加する
マンチェスターUの順位は?
訪問人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。