上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海外サッカー】栄光の7番 

 ペレと並びキングと呼ばれた男 エリック・カントナ

出身はフランス、パリの元フランス代表選手です。 カントナが”キング”と呼ばれるのにもわけがあります。

プレーは豪快かつ繊細。いつもピッチを独り占めするエネルギッシュな選手です。カントナの言葉にこうあります。

「諸君ゴールすることが美しいのではない。シュートをする、その行為が美しいのだよ。勇気を持て。強く祈れ。
無駄なシュートなんか一本もない。打て 」

素晴らしいです。
プレミアリーグ優勝を何度も経験し、2003年には過去10年で最高の選手にも選ばれました。
しかし、カントナがキングと言われる理由はコレだけではありません。


カントナを分かりやすくした言葉にこんな名言がございます。
「チームなんてどうでもいい、俺が目立てばいいんだ!」
「俺がボスだ!」

まさに唯我独尊!独立国家でも築こうかといわんばかりのオレオレ主義者なのです。そんなカントナだからこそかなりの伝説を残しております。有名なのはカンフーキック事件です。


https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcShKx-mhBEc_aRky8wBoZG6CPEHo-WvCuBFZcjII8WePlCCVz_Wこれはヒドイ(笑)


カントナはクリスタル・パレスのDFであったリチャード・ショウにユニフォームを引っ張られたことに対し腹を立て、報復のキックをしてしまい退場処分を受けた。カントナは通路へ向かって歩いていたが、クリスタル・パレスのファンであったマシュー・シモンズに『カンフー』式のキックをし、数発のパンチを浴びせるという行動に出てしまった(wikipedia)

他にもありますがカントナの場合ありすぎてのせきれません。日常茶飯なんでしょうね。確か、アメリカにもいましたねそんなロックミュージシャン。

ジネディーヌ・ジダンが頭角を現してきたことにより代表から外されることになります。そして97年に契約一年を残して引退表明。

しかし、今も彼の奇行は続いています。

デヴィッド・ベッカムの紹介↓



続きを読む

【海外サッカー】栄光の7番

マンチェスター・ユナイテッド  栄光の7番20120919-00000312-soccerk-000-0-view.jpg

 
 香川真司選手がマンチェスター・ユナイテッドに所属する時に背番号7番を付けるかつけないかで大きな話題になりました。
 
 歴代の7番をつけた選手は偉大な選手ばかりです。

●ジョージ・ベスト、
●エリック・カントナ
●デヴィット・ベッカム、
●クリスティアーノ・ロナウド

ここに香川真司が並ぶということがどれだけ凄いことか大体お分かりだと思います。

実は、香川真司はマンUから「7番」を渡されていました。しかし、重圧の重さから断ったそうです。
それだけ、マンUで7番をつけることは責任も重大なんです。

プレーで観客を魅了することは勿論、プライベートもスターなんですよ。日本で言うなれば、昔の横綱みたいな感じです。強く!そしてプライベートも横綱らしい品格がある。最近は全くございませんが・・・

話がそれましたがマンUで7番をつけることの重さ、凄さがご理解できたと思います。

さて次は7番をつけた偉大な選手たちを紹介しましょー

続きを読む

プロフィール
【香川真司応援サイト】海外サッカーマガジンでは個人的に香川真司さんを応援しながら、代表や気になる情報を載せていきますのでよろしくおねがいします♪ Twitterボタン

hishyakku

Author:hishyakku
hishyakkuです。人生は楽しくがモットーでございます!

最新記事
検索フォーム
応援よろしくお願いします
banner1.gif ブログランキング・にほんブログ村へ Subscribe with livedoor Reader
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
8077位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
1216位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
リンク集
このブログをリンクに追加する
マンチェスターUの順位は?
訪問人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。